どろあわわ デメリット

どろあわわにもあったデメリットとは?

 

どろあわわは毛穴汚れにはとても効果的な洗顔料だと思います。
しかし、良いことばかりかと言うとそういうわけではありません。

 

これだけ人気のどろあわわにもデメリットがあることを知っておきましょう。
これからどろあわわの効果を試してみたい!と思われている方はデメリットもチェックしておくようにしましょう。

 

 

 

どろあわわのデメリットとは?

 

私が試して分かったどろあわわのデメリットは以下の3つです。

 

・即効性がない
・手間がかかる
・毎月の出費が増えた

 

 

この3つの落とし穴についてそれぞれ解説していきます。

 

 

即効性がない

 

どろあわわは毛穴の黒ずみをキレイにするという目的で購入される方がほとんどです。
公式サイトだけを確認すると、1度使えばすぐにキレイになるようなイメージを持つことでしょう。

 

しかし、実際にはそうではなく毎日使用することで少しづつ毛穴に詰まった汚れを落としていく洗顔料です。
毛穴の黒ずみがキレイになるまでには1週間〜2週間程度はどうしてもかかってしまいます。

 

即効性がないのはデメリットではありますが、肌を傷つけるような強い成分が含まれていないので最初だけ我慢すれば後は、ターンオーバーが正常化され、肌が見違えるように明るくなります。

 

肌に優しい成分だけが含まれているということで、大目に見てあげましょう。
10日間程度様子を見れば毛穴汚れに関してはかなりキレイになりますので。

 

 

 

 

 

手間がかかる

 

どろあわわは直接肌に使用するのではなく、洗顔ネットで泡立てて、丁寧に使わなければいけません。
ですので、朝と夜の2回はどうしても手間がかかってしまいます。

 

私のようにスキンケアをきちんと実践してこなかった方は最初はかなり手間に感じることでしょう。
しかし、丁寧なスキンケアを実践しないことにはキレイな肌にはなりませんので時間をかけて丁寧に行うようにして下さいね。

 

泡立てネットはほとんどの洗顔料で必要ですので、どろあわわが手間がかかるというよりは、
きちんとスキンケアをすればどうしても洗顔に時間がかかってしまいます。

 

 

 

 

洗顔料にしては高い

 

今まで、数百円程度の洗顔料を使っていた方は高く感じてしまうかもしれません。
まとめ買いすれば、1個2000円程度にはなりますが安いか言われると微妙ですよね。

 

高品質な洗顔料としては安いですが、ドラックストアなどで販売されているものと比較するとやっぱり高いです。
高品質なものを使用するか、低品質な安い洗顔料を使用するかの違いです。

 

安い洗顔料で満足しているのであれば、わざわざ、どろあわわを使用する必要はないと思います。