どろあわわ 成分

どろあわわの成分は危険だった!

 

 

洗顔石鹸として大人気のどろあわわですので名前くらいは一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

すごく泡立ちがよくモコモコ感を楽しみながらスキンケアを行うことができます。

 

そんなどろあわわの成分に危険なものは含まれていないか?
ということはとても気になりますよね。

 

洗顔料は肌に悪影響を与える成分が含まれていることも珍しくないので成分についてはチェックしておくべきです。

 

 

 

どろあわわに使用されている成分について

 

お肌に悪影響を与えるような成分は含まれていないか

 

 

ということについての結果を解説していきたいと思います。

 

 

 

どろあわわに配合されている全成分

 

成分表

 

水、ベントナイト、グリセリン、ミリスチン酸、ステアリン酸、BG、酸化チタン、水酸化K、ラウリン酸、ステアリン酸PEG−150、黒砂糖エキス、ステアリン酸グリセリル(SE)、コカミドプロピルベタイン、サクシニルアテロコラーゲン、海シルト、豆乳発酵液、ヒアルロン酸Na、ココイルメチルタウリンNa、ステアリン酸グリコール、エタノール、EDTA−2Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

 

 

 

 

 

精製水です。
精製水は、水道水というわけではなく水道水に含まれる塩素などの不純物を一切排除した純粋な水のことです。

 

コンタクトレンズや医療用として用いられています。

 

 

ベントナイト

 

どろあわわの主成分である泥も総称です。
ベントナイトは分子が小さく吸着力に優れています。

 

ベントナイトが毛穴に詰まった汚れを落としてくれているのです。
同時に美肌効果もあります。
自然成分ですので体への悪影響は一切ありません。

 

 

 

 

グリセリン

 

グリセリンは保湿成分によく用いられています、

 

グリセリンは体にもともと存在する成分であり体への毒性はありません。

 

食品にも使用されていることがあります。

 

 

 

ミリスチン酸

 

ミリスチン酸とは植物性の脂肪飽和酸のことで、ヤシ油・パーム油などから抽出されます。

 

お肌の柔軟性やどろあわわに配合されている成分の均等性を保つ役割があります。

 

自然成分ですので毒性はありません。

 

 

 

ステアリン酸

 

ステアリン酸とは大豆脂などに含まれる植物成分から作られた成分です。

 

洗浄効果や化粧品の成分を肌に浸透させる効果があるとされています。

 

天然の植物成分から出来ているので安全性には優れていると言えます。

 

 

BG(ブチレングリコール)

 

乾燥肌対策などに使用されることが多い保湿剤です。

 

天然成分ではありませんが毒性は報告されておらず、多くの化粧品に使用されている安全性の高い成分です。

 

 

酸化チタン

 

美白効果があるとされています。紫外線から肌を守る効果があり昔から日焼け止めや化粧品などに使用されてきました。

 

化粧品にはほとんど配合されており、使用する分に問題はないとされています。

 

 

 

水酸化K

 

洗顔料の他、白髪染めなどのヘアケア商品にも使用されています。

 

肌をなめらかにしてくれる働きや洗顔後の仕上がりをよくしてくれます。

 

また、脂肪酸を含むどろあわわの乳化剤として配合されています。

 

濃度が高すぎると肌への刺激は強くなるので注意が必要ですが、どろあわわでは微量ですので心配いりません。

 

 

 

ラウリン酸

 

ラウリン酸はココナッツオイルにも含まれている脂肪酸の一種でありお肌の免疫機能の向上に役立ちます。

 

お肌への悪影響は全くなく天然成分で構成されている成分です。

 

 

ステアリン酸PEG−150

 

界面活性剤として使用されています。

 

界面活性剤と聞くと悪いものに思ってしまう人もいるようですが、ステアリン酸PEG−150はターンオーバーの正常化。

 

保湿効果などがあり、体への毒性も報告されていません。

 

 

黒砂糖エキス

 

高い保湿力があり高品質な化粧品の天然成分として配合されていることが多いです。

 

危険性は一切なくどろあわわの保湿の主成分の1つです。

 

 

ステアリン酸グリセリル

 

界面活性剤としてどろあわわに配合されています。

 

天然由来の界面活性剤なので毒性はありません。

 

 

コカミドプロピルベタイン

 

何だか長くて難しい名前ですが、天然成分で構成されている界面活性剤です。

 

シャンプーや洗顔料などに配合されています。

 

天然成分ですのでお肌にも優しく毒性は低いとのことです。

 

 

サクシニルアテロコラーゲン

 

コラーゲンの一種で高品質な化粧品のみ配合されている成分です。

 

サクシニルアテロコラーゲンを言い換えるなら高級コラーゲンと言えます。

 

保湿効果に役立ちます。

 

 

 

豆乳発酵液

 

保湿成分の1つで大豆に含まれるイソフラボンから作られています。

 

 

ヒアルロン酸Na(ナトリウム)

 

ヒアルロン酸は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

肌の保湿に重要な成分でコラーゲンと一緒に肌のハリを保つ役割を担っています。

 

 

ココイルメチルタウリンNa

 

界面活性剤として配合されています。

 

界面活性剤の中で最も低刺激で安全性の高い成分です。

 

体に必要なアミノ酸に近い成分で構成されています。

 

 

エタノール

 

アルコール成分です。

 

抗菌作用がありますが、エタノールが肌に合わない人には過剰に反応してしまうこともあるかもしれません。

 

 

 

メチルパラベン、プロピルパラベン

 

防腐剤として配合されています。

 

成分が腐ってしまわないように少量ですが配合されているようです。

 

 

 

⇒実際にどろあわわの効果を検証したレビューはこちらから

どろあわわに危険な成分は含まれていましたか?

 

どろあわわの成分は天然由来のものがほとんどで、安全性の高いものばかりでした。

 

しいて言うならエタノールです。

 

アルコールの一種ですので、かなりデリケートな方は合わない人もいるかもしれません。

 

とは言ってもエタノールはほとんどの洗顔料やシャンプーなどにも配合されていますのでよほどでない限りは大丈夫でしょう。

 

気になる界面活性剤に関しても天然由来のもので、安全性が高いものばかりでした。

 

 

 

注意点は1つだけアレルギーについて

 

エタノール・海草エキス・大豆・アミノ酸なども配合されているのでアレルギーだけには気を付けるように注意して下さい。

 

多少のアレルギー反応だけなら良いのですが、ひどいアレルギー症状の場合は最悪入院ということもあり得ます。

 

心当たりがある方は成分表だけは確認しておくようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

どろあわわに含まれている成分は極めて安全性の高いものです。

 

エタノールに関しても、普通に市販のシャンプー・ボディソープ・手洗い石鹸など何でも含まれていますからね。

 

特に反応しなければ大丈夫ですね。

 

私も約半年間どろあわわを使っていますが、肌トラブルが起きたことは一度もありません。

 

むしろ半年間で肌が見違えるようにキレイになりました。