どろあわわ アルコール

どろあわわにアルコールが含まれているって本当?!

 

 

 

 

どろあわわにアルコールが配合されていないか気になる方もいるかと思います。
特にデリケート肌の方はアルコールに過敏に反応して肌荒れの原因となることもありますからね。

 

どろあわわには肌への刺激が強いアルコール成分が配合されているの?ということについてお話していきます。

 

 

 

残念ながらエタノールが配合されています!

 

 

 

成分表

 

水、ベントナイト、グリセリン、ミリスチン酸、ステアリン酸、BG、酸化チタン、水酸化K、ラウリン酸、ステアリン酸PEG−150、黒砂糖エキス、ステアリン酸グリセリル(SE)、コカミドプロピルベタイン、サクシニルアテロコラーゲン、海シルト、豆乳発酵液、ヒアルロン酸Na、ココイルメチルタウリンNa、ステアリン酸グリコール、エタノール、EDTA−2Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

 

 

デリケート肌の方にとっては残念なお知らせとなってしまいますが、どろあわわにはエタノールが含まれています。

 

エタノールは化粧品などによく使用される代表的なアルコール成分です。

 

一般的には肌の引き締め効果で毛穴を目立たなくしたり、菌の増殖を抑えるようか効果が期待できるのですが、アルコールに敏感な方には合わない可能性がある成分でもあります。

 

 

エタノールが肌に合わない方はまれですので、今までドラックストアなどの化粧品で何か問題がなければまず心配はないと思います。
どろあわわに配合されているエタノールは微量ですし、エタノールは歯磨き粉やリステリンなどの口に入れるものにも使われていますので危険な成分というわけではありません。

 

体質的にエタノールに敏感に反応してしまう方がまれにいるというだけです。

 

 

 

 

 

敏感肌の方だけ要注意

 

 

どろあわわに使われている「アルコール成分が肌に合うかどうか不安」という方もいるはずです。

 

まず、エタノールは歯磨き粉・シャンプー・洗顔料・ボディクリームなど日常的に使用しているものによく配合されているものなので、エタノールに全く触れたことがないという方はいないはずです。

 

今までの日常生活で肌荒れなどを経験したことがないようであればまず心配はいらないでしょう。

 

デリケート肌の方でもエタノール大丈夫という方もよくいますので。

 

 

 

 

どうしてもアルコール成分の不安がある方はどろあわわを使用する前にパッチテストを行うようにしましょう。

 

どろあわわを少量とって腕や足に塗って、約1時間ほど放置します。

 

そして翌日に何もなければ、どろあわわを使っても心配ないということです。

 

 

 

誤解しないでほしいのですが、どろあわわはデリケート肌の方でも安心して使用できるように十分に配慮されています。ただし、洗顔料ですので体質的に合う・合わないといったことはどの商品にも可能性はあるものです。

 

アルコール成分と言っても配合されているのは肌に影響を及ぼさないほど微量なものです。それに反応してしまうという方はよほど珍しいのでほとんどの方には合わないといったことはないはずです。

 

元々、アルコール成分が肌に合わないような方は自分で分かっているはずですので、そのような方はどろあわわの購入は慎重に検討するべきだと思います。

 

 

⇒どろあわわ体験談はこちら